老後の楽しみ方を発見!男女別、老後におすすめな趣味ランキング

老後の楽しみ方を発見!男女別、老後におすすめな趣味ランキングヘッダー画像

これまでの長い社会人生活。今まで生きる為や家庭を養う為に精一杯働いて稼いできた分、定年後の老後の生活はもっと自分や夫婦の楽しみや夢などに費やしたいと考える方は多いかと思います。

時間はあるがやることがない、とせっかくの老後の生活を棒に振るうのではなく、今のうちから老後の生活を充実したものに出来る為の趣味などを持ってみては如何でしょうか。今回はあなたの老後の生活をより楽しいものする、男女別のおすすめな趣味をご紹介します。

老後の関心事って?男女別、シニア世代が好きなこと

さて、老後におすすめな趣味をご紹介する前に、老後のシニア世代の方はいったいどんな事に興味や関心をもっているのか確認し、どのような分野を趣味にする傾向があるのか見てみましょう。ソニー生命保険株式会社の「シニアの生活意識調査2016」によると以下の通りです。

シニア世代の老後の関心、1位「健康」2位「旅行」3位「お金」

老後、シニア世代が持つ興味関心ごとランキング画像

こちらのアンケート結果によると、1位は67.8%の健康、2位は53.1%の旅行、3位は43.9%のお金や財産、4位は31.0%のグルメ、5位は30.6%の政治経済でした。アンケート結果をまとめると、まずは健康に生きつつ、貯蓄した財産で余裕がある範囲以内で旅行やグルメなどを楽しみ、次世代の若者や社会人に対し国がどのように動いているのかが気になる。といった内容が読み取れます。

順位 興味関心ごと 割合
1位 健康 67.8%
2位 旅行 53.1%
3位 お金・財産 43.9%
4位 グルメ 31.0%
5位 政治経済 30.6%

上記の様にアンケート結果から読み解くと、ほとんどのシニア世代は、老後は楽しく満足のいく生活を送れているように捉えられますが、一方では老後の生活に不満を持っているという反面的な意見も多いようです。

過半数以上のシニアは老後の生活に不満を持っている

同じく、ソニー生命保険株式会社の「シニアの生活意識調査2016」でのアンケートで、現在の老後の生活においてどの程度満足しているのかという集計を取ったところ、「非常に満足」や「やや満足」と回答した割合は49.0%。つまり、過半数以上のシニアは老後の生活に多少なりとも不満を持っているという結果になったのです。

老後の生活に満足しているかアンケート結果

興味ごとで老後の生活をより充実したものにする為には、旅行やグルメなどの趣味を作る必要がある一方で、健康や貯蓄した財産の都合上、なかなかそちらに比重を割けないという現状も確認できる結果となりました。

そこで、趣味を作り老後の生活を充実させる為に比較的、費用対効果が良い老後のおすすめな趣味をご紹介していきます。

男女別、老後におすすめな趣味ランキング

こちらでは、老後におすすめな趣味のランキングを見ていきましょう。まずは、株式会社ネオマーケティング「シニアの趣味に関する調査」2016年を基に、下記にシニア世代の趣味のアンケート結果を御覧ください。

男性
順位 趣味 割合
1位 パソコン・インターネット 65.7%
2位 旅行(日帰りを含む) 56.6%
3位 読書 39.0%
4位 スポーツ観戦 36.3%
5位 映画鑑賞 35.6%
6位 音楽鑑賞 33.1%
7位 ドライブ 22.9%
8位 スポーツ 22.2%
9位 手芸・園芸 18.6%
10位 ショッピング 16.2%
女性
順位 趣味 割合
1位 旅行(日帰りを含む) 59.4%
2位 パソコン・インターネット 53.6%
3位 手芸・園芸 47.1%
4位 読書 37.3%
5位 ショッピング 33.3%
6位 音楽鑑賞 32.6%
7位 映画鑑賞 32.2%
8位 スポーツ 18.8%
9位 ドライブ 14.1%
10位 スポーツ観戦 13.0%

上記のアンケート結果では、男女問わず、パソコンや旅行は上位2点にランクインしています。パソコン・インターネットなどは、今まで経験がない方でも民間や市で「パソコン教室」などが開催されている場合も御座いますので、新たな経験として実際に行かれている方も多いようです。

ただ、同じく老後の趣味として上位にランクインしている旅行に関しては、宿泊施設などによっては老後の為にしっかり前もった貯金をしていく必要があります。日帰りやバスツアーなどを利用すると費用を抑えることも可能ですので、普段と違った場所に訪れ、長かった社会人生活を癒やすのも良いのではないでしょうか。

貯蓄に悩んでいるシニアは7割以上、老後の趣味にはご注意!

前述しておりますが、老後の趣味についてはいかにして貯蓄した資金の範囲内で老後の生活を充実で満足のいくものを見つけられるのかが重要です。

趣味の頻度、価格次第では老後の生活を脅かす可能性も

ライフプランで老後は旅行や趣味に没頭したいと考える方は多いかと思いますが、充実した老後の生活を送ることができる反面、その頻度や価格帯によっては生活を脅かす存在になりかねません。例えば、年金生活のスタートを65歳、日本人の平均寿命から85歳まで生きるとして老後の生活としては20年間。一年間に100万円以上、趣味に費やしてしまった場合、それだけで2,000万円の出費です。

本人の生きがいや夢だからといって、あまりにも計画性の無い趣味や高頻度で没頭する事はいずれ自分達の首を締めかねません。老後は存分に趣味などに没頭したい方は前もった貯蓄や資産構築などを行い、しっかり自分達をコントロールした生活を送るように心がけましょう。

一方、しっかり老後に向け貯蓄しているなら問題なし

一方、年金生活前からしっかり老後に向け貯蓄、資産構築を行っているのであれば、極端な話どんな趣味を持とうと、高頻度でバカンスや旅行に行こうと問題ありません。趣味を持ち、そのためにお金を使うことは人生を豊かにするとも言われておりますので、きっと充実した老後の生活を行う事が出来るでしょう。

まとめ

今回は老後の楽しみ方として、おすすめな趣味をご紹介していきました。費用がかかるものから、かからないものまで趣味は無数にありますので、趣味と貯蓄とでしっかり両立を図った上で老後の生活を豊かなものにして頂けると幸いです。