「60代男性へ送る」今週末から始められるイマドキな趣味9選

これまでずっと続けてきた仕事を定年退職し、突如生まれた老後の時間。この時間に対して、「何をすれば良いのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「一人で楽しむ」「友達と楽しむ」など色々な視点から趣味を紹介していきます。

特に60代の男性向けの趣味を集めたので、これから趣味を探したいという方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

教室で始める趣味|学び・新しい仲間を作る

ここでは、教室に通いながら始められる60代男性向けの趣味を紹介します。新しい学びや友達が得られることができ、人生をより豊かにしてくれるはずです。

水泳教室

水泳教室は、シニアに人気が高い趣味の一つです。60代になると、より一層体のことが気になってくる方が多いはず。水泳は水中運動になるので運動効率が良く、加えてケガをしにくい点で老後の男性の趣味として非常におすすめです。

泳げない人でも、水中を歩くだけで外をウォーキングするよりも良い運動になるでしょう。また、運動は心肺機能にも良い影響がある上に、精神的なリフレッシュにもなります。

シニア向けの水泳教室もあるので、同年代の方とも知り合うことができます。新しくできた仲間とお喋りしながら、水中ウォーキングを楽しむというのはいかがでしょうか。

陶芸教室

ここ数年で陶芸教室が増えており、ひそかなブームとなっています。

60代男性の方に陶芸を趣味としておすすめする理由は、陶芸をつくるということにやりがいを感じられるから。陶芸のやり始めは中々うまくいきません。ですが、思い通りに作品を作れるようになってくると、楽しさもどんどん膨れ上がってくるでしょう。

また、陶芸という体験を通して、骨董品や他の人が作った陶芸作品にも興味がでてきます。世の中にあるさまざまな作品を教室の仲間と見に行くというのも、楽しみ方の一つです。

英会話教室

英会話教室は、60代の趣味として水泳教室に次いで人気が高くなっています。

その理由は、老後に海外旅行へ行くためや孫に教えたいなど役立つ場面が多いから。語学を学ぶことで認知機能の衰えを防ぐことができる上に、海外旅行に行った際にも役立ちます。また、英会話ができることで、かわいいお孫さんに英語を教えることもできるでしょう。

英会話教室でできた仲間と海外旅行に出かけるというのも盛り上がります。

友達と始める趣味|仲間とわいわい楽しむ

次は、友達を誘って始めることのできる60代男性向けの趣味を紹介していきます。慣れ親しんだ友達との趣味は、リラックスして楽しむことができるのでおすすめです。気軽に始められるものばかりなので、ぜひお友達を誘って始めてみましょう。

俳句

俳句は、季節の移り変わりや心の機微などを5・7・5で表現します。最近では、ダウンタウンがMCを勤める人気TV番組「プレバト才能ランキング」の影響もあり、趣味としての人気も上昇しています。

友達同士でお互いの作った俳句を発表し合ったり、「お~いお茶新俳句大賞」「専門誌の作品応募」などに送ってみたりという楽しみ方もおすすめです。

俳句を趣味にすることは、お金がほとんどかからないというのもメリットの一つ。いつでもどこでも始められますが、俳句教室に通うことで新しく俳句友達を作って楽しむのも良いでしょう。

麻雀

実はシニアの間で麻雀が流行しています。ただの麻雀ではなく「健康麻雀」です。健康麻雀とは、「賭けない」「吸わない」「(お酒を)飲まない」を掲げた健全な麻雀のことを指します。賭けてもお菓子やジュースくらいのものしておいて、金銭は一切賭けません。

また、麻雀は博打のイメージが強いかもしれませんが、しっかりとした頭脳型ゲームです。つまり、頭をかなり使うため、認知機能が衰えることへの対策にもなります。

麻雀のルールがよく分からないという人は、経験者の人に教えてもらうのも良いですし、初心者の人と一緒に始めるのもの良いでしょう。

将棋

60代男性におすすめの趣味として、将棋もいいでしょう。昔から人気はありますが、プロ将棋士の藤井さんの影響があり、シニア層からさらに強い人気が出ています。

将棋は、将棋盤と駒があればどこでもできるのが魅力です。折りたたみ将棋盤と駒のセットで2,000円、将棋入門書が1,000円ほどで手に入るので、同年代のお友達を誘って一緒に始めるのもいいでしょう。

経験者の方は、将棋教室に行って知らない人と対局するのがおすすめです。自分の実力も試せますし、新しいお友達が増えるかもしれません。

一人で始める趣味|自分のペースで楽しむ

「友達に合わせるのではなく、自分のペースで自由に楽しみたい」という人も中にはいるでしょう。そこで、ここでは一人で始められる趣味を紹介していきます。

温泉巡り

日本の四季を楽しみながら温泉巡りをするのはいかがでしょうか。精神面、身体面でのリフレッシュになるうえに、心のケアにもなります。全国には秘境と呼ばれる温泉スポットが存在し、そういった温泉に訪れることで非日常的な体験をすることも可能です。

また、温泉には様々な泉質や効能があります。色々な温泉スポットを巡りながら勉強して、温泉ソムリエのような資格を取るという楽しみ方もおすすめです。勉強しながらリフレッシュすることで日常にハリが出てきます。更に、専門的な知識を持つことで温泉をより楽しむことができるでしょう。

家庭内菜園

自宅にベランダや庭といったスペースがある方は、家庭内菜園もおすすめです。

家庭内菜園とは、自宅の一部のスペースを使って野菜や果物を育てるというもの。最近では、都内近郊を中心に畑を一般開しているところもあるので、本格的に始めたいという方にも良いでしょう。

家庭内菜園で野菜や果物を作るとなると、ほぼ毎日作業することになります。しかし、家庭内菜園には、下記のようにいろいろなメリットがあるのです。

・土や緑に触れることによるセラピ―効果を得られる
・お店では購入できないような野菜を作ることができる
・採れたての野菜、果物を食べることができる
・毎日作業するので運動不足の解消になる

種の状態から手に塩かけてつくった野菜の成長を見るのはとても楽しいです。自宅にスペースがある方はぜひ始めてみてください。

漬物づくり

漬物はご存じの方がほとんどでしょうが、大根や人参といった食材を食塩・酢・酒粕・糠(ぬか)などに漬け込んだものを指します。漬物というと独特のにおいを発する「ぬか漬け」が真っ先に思い浮かぶ方が多いかもしれません。しかし、漬物づくりとは、浅漬け、ピクルス、千枚漬けといった発酵させないものも漬物に含まれます。

漬物は身近にある素材ででき、栄養価も非常に高いため、楽しみとしてだけでなく健康維持としてもおすすめです。漬ける食材や漬けておく期間によって味や風味は変わってきますので、まずは自分好みの漬物を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、60代の男性におすすめの趣味を紹介してきました。趣味の楽しみ方はいろいろあることを知っていただけたのではないでしょうか。

趣味は1つに決める必要はありません。「友達と楽しむ」「一人で楽しむ」というのを週によって変えるというのもいいでしょう。気分的なリフレッシュと身体的なリフレッシュのバランスを取るのがポイントです。

現代の日本は、人生100年時代といわれており、60代で定年退職してもまだ30年近くあります。残りの人生を楽しむためにも、ぜひこの記事を参考にし、自分が楽しいと思える趣味を見つけて、セカンドライフも充実させましょう。