保険でお金が貯まる?貯蓄型保険のメリット・デメリット

仕事や生活が安定してきたり結婚して子供ができたりと様々なタイミングで、万が一の場合に備えた保険の加入を検討することがあると思います。
しかし、保険には掛け捨てタイプや貯蓄タイプのものなど種類がたくさんあり、どのタイプに加入すればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
その中でも、保険に加入しながら貯蓄を行うことができる貯蓄型保険のメリットとデメリットについてご紹介します。

貯蓄型保険の種類と特徴

まず、保険には掛け捨て型と貯蓄型がありますが、一体何が違うのでしょうか?

・掛け捨て型
支払った保険料については解約返戻金や満期時の返戻金といった形で手元に戻ってくることはありませんが、その代わりに保険料が安いという商品になります。

・貯蓄型
支払った保険料については解約返戻金や満期時の返戻金といった形で手元に戻ってきますが、掛け捨て型より保険料が高いという商品になります。

また、貯蓄型には以下のような種類があります。

終身保険

保障期間が一生涯であるだけでなく、解約時には解約返戻金という形で手元にある程度の金額が戻ってくるというのが特長です。低解約返戻金型終身保険という、保険料の支払期間中の解約返戻金の割合を低く設定する代わりに、払い込み終了後の解約返戻金の割合を高くしたものもあります。

養老保険

終身保険のように保障の期間が一生ではなく一定期間であるものの、保障期間終了後には保障と同額の満期保険金を受け取ることができます。
保障料については一般的に終身保険よりも高くなりやすいというのが特徴です。

個人年金保険

終身保険や養老保険のような保障の性質よりも貯蓄に特化しているため、老後の資産形成用の積立保険と言えます。
積み立てて満期を迎えた後は、そのお金を一時金か年金のどちらかで受け取りますが、貯金として貯めるよりも個人年金保険料控除の対象となるなど、節税効果が期待できるのが特徴です。

学資保険

個人年金保険が老後の資産形成用であるのに対して、子供の進学などの教育資金のための資産形成用の保険と言えます。
貯蓄を行うだけでなく、契約者に万が一の事態が発生した場合には保険料の支払いが免除になるなど、進学などの教育資金を確実に確保することができるのが特徴です。

貯蓄型保険の3大メリット

貯蓄型には様々な種類があり、それぞれに特徴があることが分かりましたが、どのようなメリットがあるのでしょうか?貯蓄型保険には以下のような3大メリットがあります。

・保証と貯蓄の二面性がある
・支払った保険料以上の保険金を受け取れる場合がある
・貯蓄が苦手でも貯蓄を実現できる

それぞれのメリットがどのようなものなのか見ていきましょう。

メリット①保障と貯蓄の二面性

掛け捨て型の場合、保険に加入するための掛け金をかけたものの、万が一の事態が生じなかった際には、掛け金が没収されてしまい手元に何も残りません。

しかし、貯蓄型の場合には、病気やケガ、死亡といった万が一の事態が発生した場合の保障と、何も生じなかった場合には、満期時や解約時には解約返戻金という形でお金が返ってくるという2つの側面があります。

つまり、保障が必要になった場合には保障として、お金が必要になった場合には解約などによって解約返戻金を受け取れる貯蓄としての二面性があります。

保障額も貯蓄額も保険の種類によって変わるだけでなく、解約する時期や支払額・方法などによっても変わってくるため、自身がどの程度の保障と貯蓄が必要なのか考えてから加入するようにしましょう。

メリット②支払った保険料以上の保険金を受け取れる場合がある

現在はマイナス金利政策が導入されるほど、銀行に預けていたとしても利息がほとんどつかない状態になってしまっています。

ネットバンクなどの高金利のところに預けたとしても1%を下回っており、バブル期には5%前後であったことを考えると、圧倒的に低い時代になっていると言えるでしょう。

貯蓄型の場合には、運用商品によって返戻率は異なってきますが、例えば低解約返戻金型終身保険などは支払った保険料以上の保険金を受け取れます。

低解約返戻金型終身保険の場合には、保障期間中の解約返戻金が低く設定してあることから、保険会社としては途中解約のリスクを低く抑えながら保険料の運用を行うことができるため、満期時の返戻金が大きくなります。

各会社によって解約返戻金の割合や満期時の返戻金の割合が異なってくるため、加入する前に各社の違いを良く比較してから考えるのが良いでしょう。

メリット③貯蓄が苦手でも貯蓄を実現できる

貯蓄型保険によって、貯蓄が苦手でも貯蓄を実現できる理由は以下の通りです。

・登録した口座から毎月自動引き落としが行われる
最初に登録した口座から自動引き落としが行われるため、振り込みを忘れてしまうなどの心配もなく、安定して貯蓄を行うことができます。

・途中解約の場合には損をしてしまう
加入後すぐに途中解約する場合は、保険会社が保険料の運用を行う期間が短くなるだけでなく、資金の変動が大きくなってしまうため、安定して運用を行うことができません。

そのため、各商品によって異なりますが、加入後の一定期間は解約返戻金が保険料を下回っている場合が多く、解約を行ってしまうと損をするように設定されています。

銀行預金の場合、お金が貯まって気持ちに余裕が出てしまうと、旅行や買い物など何かと支出してしまう可能性があるため、貯蓄型保険の方が確実に貯蓄を行うことができるでしょう。

貯蓄型保険の3大デメリット

貯蓄型保険の3大メリットを見ていると、掛け捨て型に加入するよりもメリットが多いように感じますが、デメリットはあるのでしょうか?貯蓄型保険には以下のような3大デメリットがあります。

・途中解約をすると損をする場合がある
・契約者貸付には利息がかかる
・利息の変動がない(インフレリスクがある)

それぞれのデメリットがどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

デメリット①途中解約をすると損をする場合がある

保険会社は加入者の保険料を運用することによって、保険の支払いが発生した場合の資金や満期時の返戻金などを捻出しています。

加入者の保険料が運用の資金となっており、途中解約を頻繁に行われてしまっては運用が不安定になってしまうため、保険金の支払いや解約返戻金の捻出に支障が生じてしまうことになるでしょう。

そこで、商品によって異なりますが、満期までの解約返戻金の割合を引き下げることによって、加入者が途中で解約した場合には損をするように設定しています。

特に、低解約返戻金型終身保険の場合には満期後の返戻金を大きくするために、加入期間中の解約返戻金の割合を低く設定してあるので、解約しなくても大丈夫なように手元にある程度資金を残しておくようにしましょう。

デメリット②契約者貸付には利息がかかる

契約者貸付という言葉はご存知でしょうか?

契約者貸付とは、加入中の解約返戻金を担保にして保険会社からお金を借りることを指します。

解約返戻金を前借りするだけなのであれば問題が無いように見えますが、金融機関から融資を受ける場合と同様に利息が発生してしまうため、場合によっては返済額が大きく膨れ上がってしまう可能性があるでしょう。

返済額が膨れ上がってしまったことによって返済できなくなってしまった場合には、保険を途中解約しなければならなくなるなど保険の効力を失ってしまいます。

契約者貸付の金利は福利が適用されるため、残額が膨らめば膨らむほど金利の影響を大きく受けるようになってしまうため、なるべく契約者貸付を行わないように自己資金を確保しておくようにしましょう。

デメリット③利息の変動がない(インフレリスクがある)

貯蓄型保険の解約返戻金の割合は、加入時に設定されたものを満期時まで引き継ぐことになります。

そのため、途中で景気が良くなり金利が高くなったとしても利息が変動しないことになり、加入したタイミングによっては損をしてしまう可能性があるでしょう。

現在はデフレ脱却を目標にマイナス金利政策を導入し、インフレになるように導こうとしています。

インフレになれば、物価が上がり給与や金利も上がってしまうため、解約返戻金の割合も現在のものより良くなる可能性があるでしょう。

インフレリスクを避けたい場合には、保険金や解約返戻金の割合が変動するタイプの外貨建て保険や変額保険、積立利率変動型保険などに加入することでインフレの影響を受けなくなります。

まとめ

貯蓄型保険には、掛け捨て型の保険とは異なり、老後や教育資金などそれぞれの目的に合わせて保障を受けながらも貯蓄を行うことができるというメリットがありました。

しかし、途中解約などを行ってしまった場合には積み立てた保険金よりも大幅に少ない解約返戻金が適用されてしまうなど、デメリットもあることを忘れてはなりません。

自身がどのような目的で貯蓄型保険に加入したいのかをしっかりと考え、どの商品に加入すればいいのかも事前にしっかりと考えてから、保険に加入するようにしましょう。