今すぐ実践!老後資金に困らない、活用できる7つの貯蓄方法

皆さんは、日本人の平均寿命をご存知でしょうか?食生活の変化や生活水準の向上などによって日本人の平均寿命は年々延びてきており、ついに男女共に80歳を突破しました。昔は、定年は60歳となっていましたが、平均寿命の延びを受けて年金受給が65歳に変更されたため、65歳まで再雇用の条件を提示し、雇用環境の提供を行う企業も増えています。しかし、受給年齢が上がっても、豊かな生活が送れるほどの金額が受給されるわけではありません。老後の心配を少しでも解消するために、一体いくらの貯蓄があれば、65歳からの年金生活を安心して過ごすことができるのか、貯蓄方法と合わせて考えていきましょう。

老後の貯蓄、いったいいくらあればいいの?

老後の生活を夫婦2人で送っている場合の平均支出は1カ月当たり27万円前後、単身者の場合は16万円前後と言われています。国税局の発表している生涯平均年収は521万円となっており、妻のパートなどと合わせて世帯年収が600万円程度の場合、その年金受給額は2人で月16万円となっており上記の平均支出に足りていません。夫婦で85歳まで年金暮らしを続けたと想定して必要とされる生活費の目安は27万円×12カ月×20年=の6,480万円で、年金収入との差額11万円×12カ月×20年の2,640万円が不足してしまいます。

いつまでにいくら貯蓄が必要?人には聞けない貯蓄額

貯蓄がいくらあるかなどなかなか周囲に聞けるものではないため、自分の貯金額が多いのか少ないのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで、総務省が発表した平成28年の年齢別の貯蓄平均を見ると、40歳未満の平均貯蓄は574万円、40~49歳は1,065万円、50~59歳は1,802万円、60~69歳は2,312万円、70歳以上は2,446万円という結果でした。先ほど2,640万円の不足が生じるというお話をしましたが、結果から見てもわかるように、年金だけを頼りにせず、ある程度不足が予想される金額付近まで貯蓄を貯めている家庭が多い、ことがわかります。

老後の不安解消!おすすめ貯蓄を増やす7つの方法

貯蓄を多くするための方法として投資などが挙げられますが、そのような不確実なものではなく、確実に貯蓄を増やしていく方法を選択したいと思う人も多いはず。ここでは、貯蓄を多くするための方法を7つ厳選しましたのでご紹介します。

確定拠出年金(iDeCo)の制度活用

少子高齢化によって年金が枯渇するという問題を抱えていることによって導入されたのが確定拠出年金(iDeCo)になります。「自分自身の年金を自分で確保しよう」という考えのもと設立されたもので、個人が加入者となって予め決められた金融商品の運用を行います。積立金は所得控除の対象となり、運用益も非課税、年金として受け取る場合には公的年金等控除が適用されるなど、メリットの多い制度と言えまする。唯一のデメリットは、加入期間によって受給開始年齢が異なるので、確定拠出年金を利用する場合には早めに検討する必要があります。

利率の良い終身保険を選択

自身に万が一のことが起きた場合に備えて、保険に加入している人も多いと思います。掛け捨て型の保険は掛け金が安いものの、何も起こらなければそのお金が返ってきません。終身保険の場合は保険の加入とともに資産の積立を行っていくのですが、資産の部分に関しては保険会社が運用を行うため、加入期間が長期になれば掛け金以上の返戻を受けることができます。返戻率は保険会社によって異なりますが、プランによっては111.8%の返戻率(11.8%の運用益)となっていますので、検討してみる価値はあるでしょう。

元本保証の個人年金

先ほどの終身保険の場合には、解約することで解約返戻金という形による一時金をもらうことになりますが、個人年金の場合は年金として受け取ることになります。死亡した場合の保険金は、終身保険の場合は期間にかかわらず満額の支給が行われますが、個人年金保険の場合は期間中の掛け金の合計分しか支給されません。年金として年に何回受け取るとか、何年間にわたって受け取るのかなど細かく設定することができることから、安心して老後の資金を確保できる手段の1つと言えるでしょう。

定期預金の活用

普段使わないお金などは、少しでも老後の貯蓄を増やしておくために定期預金に回しておくことをおすすめします。大手銀行の1つである三井住友銀行の普通金利では0.001%の金利が付きますが、定期預金を利用することで0.010%と10倍の金利が付くことになります。定期預金の場合には基本的に途中解約して出金することができないので、それぞれ区分けされた期間のうち、どの期間が最適なのか考える必要があるでしょう。また、金融機関によっては定期預金の金利キャンペーンを行っている場合もありますので、都度チェックしてみましょう。

銀行口座は利率の高いネットバンクがおすすめ

「大手銀行の方が安心だから」「近くにあるから」という理由で口座の開設場所を決めていたりしませんか?大手銀行や近くにあるほうが安心でき利用も便利なのですが、少しでも老後の貯蓄を増やしたいのであれば、ネットバンキングを開設することをオススメします。大手銀行の1つである三井住友銀行の普通金利が0.001%であるのに対し、ネットバンクの1つである楽天銀行の普通金利は0.020%と20倍の差があります。様々なキャンペーンを利用することで0.1%まで金利を上げることができることがありますので、老後の貯蓄を少しでも増やすために、ネットバンクの利用を考えてみるのはいかがでしょうか。

ソーシャルレーディング(不動産)の利用

ソーシャルレーディングという言葉を聞いたことがありますか?1人では資金不足で運用できないものを複数人で資金を集めることによって資産運用を行う方法になります。運用対象には株や不動産などが挙げられますが、株は価格変動が大きく確実に利益が出ることを保証されていないため、不動産の方が比較的リスクが低く運用することができます。しかし、ソーシャルレーディングの場合、融資先企業の倒産やソーシャルレーディング事業者の倒産、運用がうまくいかなくなった場合の途中解約ができないなどのリスクがいくつか存在しますので、注意が必要です。

ロボアドバイザーを活用した投資

貯蓄を増やす方法として株式投資やFXなどをよく耳にすると思いますが、実際に行うためには専門知識が必要になり、素人がいきなり利益を生むことは難しいでしょう。そこで登場するのが、ロボアドバイザーによる投資方法です。ロボアドバイザーは世界中の銘柄を比較し、個人の運用方針に沿った運用を行う人工知能を有しており、個人では見分けにくい売買のタイミングを的確に判断し、自動で売買を行ってくれます。リスク管理もしっかりと行ってくれるため、安定した老後の貯蓄を確保する方法の1つとして注目されますが、現在は確定拠出年金のような税制優遇を受けることができないのがデメリットだと言えます。

まとめ

現行の年金制度では、老後に充実した生活を送ることは難しいということががわかっていただけたかと思います。また、少子高齢化が進み年金の財源が枯渇した場合には、年金制度改革が行われ、さらに苦しい需給制度へと変更されてしまう可能性があります。他にも、年収800万円以上の税収を増やすこと、高齢者の医療費増大に伴う高齢者の自己負担増、消費税の増税など、現状より年金制度が良い方向に改善される可能性はほぼ0と言えるでしょう。つまり、少しでも老後の夫婦生活を豊かに安定したものにするためには、将来の貯蓄について早めに対策することオススメします。